息子に蝶ネクタイをつけたい


BOWの蝶ネクタイはそこから始まりました。
従来の蝶ネクタイは首に一周巻いて固定をします。ですが小さい子供の首にぐるりと巻くのは一筋縄ではいきませんでした。
首に巻く違和感から長時間付けることは不可能。首に巻くというのも小さい子供にはとても危険です。首を一周させることなく簡単に取り外しができるもので子供にも安全なものを使ってできないか何度か試作を経て、このBOWの蝶ネクタイは生まれました。

大きさにもこだわりました。

男性には、従来より小さくすることでカジュアルに身近に使えるように
子供には、従来より大きくすることで大人と同じオシャレを楽しめるように
女性には、蝶ネクタイだけでなくアクセサリーの一部としても使えるように

男性だけでなく子供や女性にも蝶ネクタイを楽しんでもらいたいという願いを込めて作られています。

◇BOWの蝶ネクタイは付け方に特徴があるためただいま特許を申請しています◇



About"BOW"

To dress my son on a bow tie.

That is the beginning of a bow tie shop"BOW"
 Alhough we wound to the neck in the case of a traditional bow tie.
it is dangerous and not easy for small children to wear a long period of time.

Therefore,to make a"safe"bow tie,we repeated trial that does not wound to the neck,and this bow tie of BOW was born.